東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
記録資料
彙報 比較文学研究最新号紹介 バックナンバー総目次 講演会・シンポジウム開催記録 島田謹二賞記録 金素雲賞記録

第92號 特輯 横光利一 Special Issue: Yokomitsu Riichi 2008年11月

開始ページ

終了ページ
著者名
ヨミ
Alphabet
その他外国語
日本語タイトル 外国語タイトル 分類 訳者名
ヨミ
Alphabet
備考
-


執筆者紹介    


 
1-4 加納孝代
カノウ タカヨ
Kanô Takayo
ゴチックの大伽藍――比較文学比較文化研究の対象 Gothic Cathedrals: A Subject for Comparative Literature and Cultural Study 巻頭言


 
5-17 十重田裕一
トエダ ヒロカズ
Toeda Hirokazu
1926年日本,文学と映画との遭遇 Japan 1926: Encounters between Film and Literature  


 
17-17

彙報(1)   彙報


 
18-31 中村和恵
ナカムラ カズエ
Nakamura Kazue
「微笑」ノート――横光利一と『少年ケニヤ』の時代 Note on “Bishô”: Yokomitsu Riichi in the Age of Shônen Keniya  


 
32-46 金泰暻
キム テギョン
김 태경
『旅愁』試論――「近代の超克」としての建築 『旅愁』試論:‘현대의 초극’ 으로서의 건축  


 
46-46

彙報(2)   彙報


 
47-64 林少陽
リン ショウヨウ
Lin Shaoyang
漢字圏文脈のモダニズム文学――近代修辞批評の系譜における横光利一の批評理論について Theory of Literary Modernism in the East Asian Context: Yokomitsu Riichi’s Criticism in the Genealogy of Rhetorical Criticism in Modern Japan  


 
65-81 金子美都子
カネコ ミツコ
Kaneko Mitsuko
『ル・パンプル(葡萄の枝)』誌とルネ・モーブラン――戦禍の街ランス1920年代の日本詩歌受容と「ル・グラン・ジュウ」の胎動(下) Le Pampre et René Maublanc: Introduction de poésie japonaise dans les anées 20 à Reims, ville ravagée, et le premier germe du mouvement du 《Grand Jeu》 (II)  


 
82-103 李京僖
イ キョンヒ
Lee Kyunghee
淺野晃の岡倉天心論――「日本浪曼派の周辺者」による批評 Asano Akira’s Interpretation of Okakura Tenshin: On the Criticism by a “Marginal Person” Concerned with the Jananese Romantic Movement (Nihon Roman-ha)  


 
104-121 稲賀繁美
イナガ シゲミ
Inaga Shigemi
いま〈世界文学〉は可能か?――「全球化」のなかで21世紀の比較文学の現在を問う Is “World Literature” Possible?: Comparative Literature in the Context of Globalization  


 
122-147 小林信行
コバヤシ ノブユキ
Kobayashi Nobuyuki
円熟期の島田謹二教授――書誌の側面から(9) Dr. Shimada Kinji’s Mature Years as Seen through His Writings: (IX)  


 
148-154 牧野陽子
マキノ ヨウコ
Makino Yôko
『バーナード・リーチの生涯と芸術――「東と西の結婚」のヴィジョン』(鈴木禎宏) Bânâdo Rîchi no Shôgai to geijutsu: “Higashi to Nishi no Kekkon” no Vijon (The Life and Art of Bernard Leach: A Vision of “The Marriage of East and West”)by Suzuki Sadahiro 書評


 
154-157 永井久美子
ナガイ クミコ
Nagai Kumiko
『わび・さび・幽玄――「日本的なるもの」への道程』(鈴木貞美・岩井茂樹編) Wabi, Sabi, Yûgen: “Nihonteki naru Mono” eno Dôtei(Wabi, Sabi, Yûgen: The Process to be Seen as an Approach to the Essence of Beauty in Japan)ed. by Suzuki Sadami and Iwai Shigeki 書評


 
158-162 成惠卿
ソン ヘギョン
Sung Hae-Kyung
Lafcadio Hearn in International Perspectives(ed. Sukehiro Hirakawa) Lafcadio Hearn in International Perspectives, ed. by Sukehiro Hirakawa 書評


 
162-166 水野達朗
ミズノ タツロウ
Mizuno Tatsurô
『朝鮮近代文学とナショナリズム――「抵抗のナショナリズム」批判』(李建志) Chôsen Kindai Bungaku to Nashonarizumu: “Teikô no Nashonarizumu” Hihan(Modern Korean Literature and Nationalism: A Critique of the Nationalist Movement of Resistance)by Lee Kenji 書評


 
167-170 佐藤光
サトウ ヒカリ
Satô Hikari
「青山二郎の眼」展 Aesthetic Eyes of Aoyama Jirô 展覧会カタログ評


 
171-175 李建志
リ ケンジ
Lee Kenji
「文化的記憶――柳宗悦が発見した朝鮮と日本」展 Cultural Memory: The Joseon and the Japan of Yanagi Muneyoshi 展覧会カタログ評


 
176-178 古田島洋介
コタジマ ヨウスケ
Kotajima Yôsuke
「当用」漢字の詐術 A Fraud Concealed in the Term “Tôyô Kanji”(Chinese Characters for Daily Use) Le Rond-Point


 
179-181 菅原克也
スガワラ カツヤ
Sugawara Katsuya
権丁熙氏博士論文「〈不如帰〉の変容――日本と韓国におけるテクストの〈翻訳〉」審査結果の要旨 Examiners’ Comments on Ms. Kwon Jung-Hee’s Doctoral Thesis, “Transfiguration of ‘Hototogisu’(A Little Cuckoo): ‘Translation’ of a Literary Text in Japan and Korea” Le Rond-Point


 
181-183 金成恩
キム ソンウン
Kim S.*
権丁熙氏博士論文公開審査傍聴記 Ms. Kwon’s Thesis Defense Le Rond-Point


 
1-9  

外国語要約 Abstracts  


 
- エリス俊子
エリス トシコ
Ellis Toshiko
編輯後記