東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板
会員図書 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせカタログ評・院生委員会
研究動向

 

「国際サミュエル・ベケットシンポジウム」(川島 健)

研究動向:2006年9月29日から10月1日まで、早稲田大学で「国際サミュエル・ベケットシンポジウム」が行われました。世界各国から70名近くの研究者が集まったこの研究集会の功績の一つは、日本人研究者のレベルの高さを世界にアピールできた点です。ベケットに関しては、国際的な研究のネットワークがロンドンを中心に出来つつありますが、「日本ベケット研究会」もまたそのネットワークの重要な一拠点となりつつあります。今回のシンポジウムの成功は、出版業界をも刺激しております。2007年中に、シンポジウムで発表された原稿を収録した日本語のベケット論文集が出版される予定です。また2008年冒頭には、海外の出版社から英仏バイリンガルの講演集も出版されます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1223


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。


画像の中に見える文字を入力してください。