東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
学会案内

学会規約
比較文学研究とは

東大比較文學會のあゆみ

東大比較文学会は、昭和29年(1954年)4月に発足した。前年4月に東京大学に大学院人文科学研究科比較文学比較文化専門課程が新設されたあと、これに所属する教官、学生の有志によって組織されたのである。初代会長は島田謹二教授。幹事は、橋口稔(助手)、青木範夫、岩村行雄(大学院生)であった。会の目的は「雑誌の発刊、研究会・講演会の開催等を通じて、会員の研学成果の発表とその促進を図る」こと、とされている。

機関誌『比較文學研究』は、東大比較文学会が発足して間もない、昭和29年6月に刊行が開始された。これは、昭和25年(1950年)1月に発足した「東大比較文学研究会」が、昭和26年6月以降『比較文学新聞報』として13号まで刊行していたパンフレットが「発展的解消」を遂げたものである。創刊号は「藤村詩研究特輯」であり、当時はガリ版刷であったが、3年後の昭和32年(1957年)に活版刷の「改訂増補版」が刊行されている。

爾来半世紀の歴史を歩んできた東大比較文学会は、現在、会員約250名を擁する組織に成長している。その間の詳細については「彙報」のページを御覧いただきたい。
なお、以下に歴代会長の一覧を掲げる。

昭和29年~昭和36年 島田謹二
昭和36年~昭和44年 富士川英郎
昭和44年~昭和47年 氷上英廣
昭和47年~昭和49年 木村彰一
昭和49年~昭和58年 佐伯彰一
昭和58年~昭和63年 芳賀徹
昭和63年~平成 4年 平川祐弘
平成 4年~平成 6年 小堀桂一郎
平成 6年~平成12年 川本皓嗣
平成12年~平成19年 竹内信夫
平成19年~平成24年 井上健
平成24年~ 菅原克也

▲ 上へ戻る

現在の組織

東大比較文学会役員(2012年12月現在)

会長 菅原克也
事務局長 今橋映子
会計監査 佐藤宗子
機関誌編輯委員 菅原克也
杉田英明
エリス俊子
古田島洋介
今橋映子
徳盛誠
飯嶋裕治
ジョン・ボチャラリ
金素雲賞銓衡委員 竹内信夫
井上健
菅原克也
今橋映子

 

▲ 上へ戻る

主な活動

  • 『比較文學研究』の発行(年2回)
    2012年12月現在、97号まで刊行されている。
    詳しい内容については「『比較文學研究』バックナンバー総目次」のページをご覧いただきたい。
  • 『比較文學研究』掲載論文の合評会(年1,2回)
  • 金素雲賞の授与
  • 講演会等の開催
  • その他、比較文学比較文化研究の推進のための事業