東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
活動

比較文学研究合評会講演会・シンポジウム総会 その他

比較文学研究

東大比較文学会では、機関誌として『比較文學研究』を年2回刊行しています。
編輯委員会では主に以下について、依頼や査読、編集作業をおこなっています。

Ⅰ 特輯論文
Ⅱ 一般論文
Ⅲ 書評
Ⅳ 展覧会・カタログ評

 

特輯論文および一般論文

『比較文學研究』には、東大比較文学会の会員であれば、どなたでも投稿できます。「特輯論文」については、編輯委員会より依頼する場合がありますが、「一般論文」および大学院生執筆の「特輯論文」については、編輯委員を中心とする査読委員会で査読を行った上で採否を決定します。投稿については下記編輯委員会にお問い合わせ下さい。

東大比較文学会機関誌編輯委員会
〒153-8902 東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学比較文学比較文化研究室 気付
電話:03-5454-6330 ファックス:03-5454-4325
e-mail: todai-hikaku@fusehime.c.u-tokyo.ac.jp


書評

・書評委員会
『比較文學研究』第87号より、書評欄の一層の充実のために、編輯委員会の委嘱による「書評委員会」が2005年12月に発足し、情報の収集と書評候補者の推薦をおこなっています。
書評委員は、東京大学比較文学比較文化研究室の若手の卒業生(研究者に限らない、多様な背景を持つ方々)および在籍大学院生のなかから、幅広い研究領域がカバーできるよう、編輯委員が選任し、委嘱しています。現在の書評委員会委員(任期2年、再任可)は、以下の通りです。

委員長:衣笠正晃(法政大学)
委 員:大東和重(近畿大学)、川島 健(早稲大学COE助手) 、陳岡めぐみ(早稲田大学助手)、 小林潤(NHK出版会)、澤田 英輔(筑波大学付属駒場中高)
永井久美子(日本女子大学非常勤)、信岡朝子(学振PD)菊池有希(博士課程 )

現在、書評欄では、会員著書にとどまらず、比較文学比較文化関係の重要書、話題書にも広く目配りした選書につとめています。会員の方で、近著を御寄贈いただける方は、編輯委員会までお送り下さい。また、会員からの情報は「近刊書紹介・書評」へ、随時お寄せ下さい。

展覧会カタログ評

・展覧会・カタログ評とは?
『比較文學研究』第74号(1999年8月)より新設されたコーナーで、一般美術雑誌でも類を見ない独自の試みを継続。毎回2~3本、全国の美術館および博物館でおこなわれている企画展とそのカタログを対象とした批評です。とりわけ、比較文学比較文化研究と軌を一にするような学際的企画展に注目し、卒業生や在校生の多彩な専門を生かした批評を展開しています。

趣旨の詳細については「展覧会・カタログ評コーナー新設について」(第74号掲載)をご覧下さい。

『展覧会カタログの愉しみ』(今橋映子編著、東京大学出版会、2003年)

展覧会カタログの愉しみ

上記コーナーが始まってから4年後、2003年に、それまで累積された約20本の展覧会・カタログ評を中心として、日本における展覧会カタログの制作や収集、批評の現状を考える共著を公刊しました。また出版を記念して、2003年7月5日「展覧会カタログ批評の可能性」と題したシンポジウムを開催しました。当日は300名を超す聴衆を得て7時間にもおよぶ討議を続け、その模様は全国紙を初めて各紙に掲載、大きな反響を呼びました。

・展覧会・カタログ評院生委員会
上記本刊行とシンポジウム開催前後から、在籍する大学院生が批評者として参加するようになりました。それにともない大学院生相互の(展覧会やカタログ評に関する)情報や意見交換、および(大学院生)評者推薦のために、編輯委員会の委嘱で「展覧会・カタログ評院生委員会」が発足。2004年度より活動しています。詳細は、「展覧会・カタログ評院生委員会」のページをご覧下さい。

院生委員会はまた、駒場キャンパス・美術博物館資料室充実のための活動も行っています。