東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評

2014年度活動報告(2014年10月~2015年10月)

メンバー:
西田桐子(委員長)
吉岡悠平、李範根(副委員長)
岡野宏、川野芽生、久保田悠介、高原智史、刀根直樹、永嶋宗、早川萌、古舘遼、山口詩織
伊藤由紀、林久美子、堀江秀史(相談役)


会議年月・活動報告:
◆新年度引き継ぎ会(2014年10月3日)
・役職の引き継ぎ 
・新委員の役職決め 
・CatalToに関する提案


◆第一回ミーティング(10月31日)
・引き継ぎ状況報告
・委員会の趣旨説明
・今後の活動に関して
・カタログ評執筆の候補者選定

カタログ評執筆の候補者の選定では、投票の結果、「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」のカタログ評を古舘遼さんに執筆していただくことになりました。


◆第二回ミーティング(12月6日)
・各担当から業務に関する提案

院生専門調査では、卒業した方々の居住地や勤務先、研究室への所属状況、留学情報についても積極的に調査をしていくことになりました。
ブログ記事については、留学あるいは帰省中の学生に対して、当地の展覧会についての紹介記事の執筆をお願いしていくことになりました。


◆第一回見学会(12月6日)
第二回ミーティングと同日に、「赤瀬川原平の芸術原論 1960年代から現在まで」(千葉市美術館)を見学しました。その後、千葉駅にて懇親会を開催しました。


◆比較文学比較文化コース オリエンテーション(2015年4月1~2日)
1日目に、委員会の紹介を行いました。その後、懇親会にて新入生の勧誘を行いました。2日目に、新入生を対象に駒場キャンパスをまわるツアーを開催しました。


◆第三回ミーティング(4月2日)
・展覧会調査の説明
・業務の進捗状況の報告
・新入生の勧誘状況の報告


◆第二回見学会(4月4日)
「幻想絶佳:アール・デコと古典主義」(東京都庭園美術館)を見学しました。その後、目黒駅にて懇親会、夜桜の鑑賞会を開催しました。


◆展覧会調査期間(4月14日~28日)
調査した情報をもとに、5月22日に全国の展覧会情報をまとめたファイルを完成させました。


◆院生専門調査(5月15日~5月31日)
調査した情報をもとに、6月16日に比較文學比較文化研究室に所属する学生の専門分野をまとめたファイルを完成させました。


以上。[文責:吉岡]


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1595


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。