« 2012年10月 | メイン | 2013年1月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月 1日

[寸評]サラ・リプスカ ―巨匠の影に

・会期:2012年8月19日(日)ー2012年11月4日(日)
・会場:ワルシャワ国立美術館(クルリカルニャ)
・評者:松尾 梨沙

 ポーランドの首都ワルシャワには、美しい宮殿がいくつか点在しています。中心から南方5km程のところにある、クルリカルニャ(Królikarnia、もともとここでウサギ(królik)狩りが行われていたことに由来)という宮殿もその一つですが、ここは現在、ワルシャワ国立美術館の分館(ドゥニコフスキ記念彫刻美術館)として機能しています。周辺は広々とした庭園となっており、「黄金の秋」といわれるこの時期には、見事な紅葉でとりわけ美しい空間となります。ただいまここで開催中の展覧会「サラ・リプスカ ―巨匠の影に」に行って参りました。

 サラ・リプスカ(Sara Lipska, 1882-1973)はポーランド北東のムワヴァ(当時ロシア領)という町で生まれ、後にパリで活動したユダヤ人女性芸術家です。当初、その頃女性としては難関だった彫刻家を目指して、ワルシャワ美術学校に入学しますが、そこで当時教鞭を執っていた、のちのポーランド彫刻界の巨匠クサヴェリ・ドゥニコフスキ(Xawery Dunikowski, 1875-1964)に、その感性と美貌を見初められます。二人の親交は彼が亡くなるまで続きますが、法的な婚姻関係を結ぶことはなく、サラは彼との間にもうけた娘とともに、1912年よりパリのモンパルナスに移り住みました。

 以降、彫刻、絵画、インテリアデザイン、劇場の装飾、服飾、ポスターデザイン、挿絵など、あらゆる分野で作品を遺し、またディアギレフやヘレナ・ルビンスタイン、ポール・ポワレらとのコラボでも活躍しました。昨年パリのポーランド図書館(Bibliothèque Polonaise de Paris)では彼女を取り上げた展覧会が行われましたが、これまでポーランド国内で彼女の活動は事実上知られておらず、今年はワルシャワ国立美術館150周年を記念し、フランス大使館などの後援も得て大きく取り上げられることとなったようです。

 展示作品数はそれほど多くありませんでしたが、上述の通り様々なジャンルの展示がありました。油彩では、しなやかなラインと明るい色調がマティスを想わせるところもあり、とくに鳥と植物のモチーフが目を引きます。

 服飾デザインにおいても、比較的ゆったりとしたフォームに、やはり花のモチーフが顕著です。また、メシアンの《異国の鳥たち》の音楽をもとにしたバレエの衣装が企画されたこともあり、あらゆる鳥の衣装デザイン(水彩画)が遺されていたことからも、やはり鳥と花は、彼女にとって主要なモチーフであり続けたように思いました。鳥の衣装デザインにおける、翼や羽の色彩感と曲線美は、その他のジャンルにおける彼女特有の描き方にも通じるところを多く感じます。

 彫刻でも、角張ったデザイン性のあるドゥニコフスキの作品に対して、リプスカは細かい曲線まで描き出し、実に写実的です。とくにアルトゥール・ルービンシュタインの頭像は、肌の質感やたるみ方まで驚くほど良く表現され、まるで本人そのものです。

 芸術のジャンルは幅広い一方で、一つのジャンルに優れる人は、他の方面でも劣らぬ才能を見せるものだと、最近つくづく思います。以前ここで取り上げた村山知義も、国は違うもののリプスカとほぼ同時代で、やはり非常にマルチに活躍した人でした。こうした傾向が時代特有のものかどうか、私にはわかりかねますが、両者とも全ジャンルに共通する独自性を感じさせてくれるのは、非常に興味深い点です。こんな感じで、日本で出会えない芸術家の軌跡を辿る機会が、私の留学の楽しみを一つずつ増やしてくれています。

 カタログはA4版、232頁。前半にポーランド語とフランス語による解説、後半に図版と、分けてまとめられていますが、むしろ図版一つ一つにもう少し詳細な解説を付けて欲しかったです。展覧会は11月4日で終了となります。

2012年11月26日

[寸評]坂口恭平 新政府展

・会期:2012年11月17日〜2013年2月3日
・会場:ワタリウム美術館
・評者:古舘 遼

2011年、「新政府」を設立し、自ら初代内閣総理大臣に就任した坂口恭平。その活動の、過去と未来をたどる、二部構成の展覧会です。

受付で「新政府入国パスポート」(何度でも再入国できる)の発行を受け、会場に入ると、まず目にとまるのは子どもの勉強机。椅子を手前に引き出して、椅子の背と机との間に画板を渡し、上から毛布を掛けることで、秘密基地ともシェルターとも言いうる、子どもの占有空間が生まれます。この、子ども時代のありふれた体験が、坂口の活動にとって一つの原点になっていることに、展示を見ていくことで気付かされていきます。

坂口は、「建てない建築家」と言われます。こぢんまりとした館内には、キャスターの付いた小屋「モバイルハウス」は展示されているものの(これも不動産としての建築ではない)、それ以外に、建築の図面や写真などは、ほとんど見られません。その代わりにあるのは、路上生活者や、自給自足で生活する人に取材した記録と、それにまつわるドローイングです。お金をかけず、莫大な電力も消費しない、それでいて貧しい印象を与えない生活。坂口はそこに、生活の理想型を見出し、自身も一時期、実際に路上生活をしたといいます。また、そこから得た「不動産はいらない」という想が、「モバイルハウス」などに結実しているのです。

美術館の展覧会でありながら、美術展でも建築展でも、まして写真展でもありません。近年増えつつある、いわばプロジェクト型の展覧会なのです。その意味で、挑戦的な試みであると同時に、本展は(表題には明示されないものの)3.11への一つの応答といえます。「新政府」を立ち上げる契機となったのは、3.11と、それをめぐる現政府の対応への失望であったからです。とはいえ、12月7日まで公開されている「過去編」の展示からは、怒りや嘆きといった強い感情の発露は見られず、代わりに、現代社会への冷静な(しかし力強い)問題提起と、それに対する解決案が提示されます。最後の展示室では、坂口自身が新政府総理としてテレビの中で会見を行い、周囲の壁面を、新政府の構想をめぐらしたチャートで埋めつくしています。その強い意欲とエネルギーには、目を見張るほかありません。

「過去編」で投げかけられたメッセージが、会期後半の「未来編」(12月8日〜)にどのように引き継がれるのか、その答えが待たれますが、まずは「過去編」をご覧になることをお勧めします。「新政府」にとどまらず、被災者の避難所や「いのちの電話」を設けるなど、派遣村にも通じる活動を次々と展開する坂口の頭の中をのぞくような、新鮮で得難い体験になることは間違いありません。会場を見渡した限り、カタログは出ないようですので(関連書籍はあり)、会場まで足を運んでいただきたいと思います。

[寸評]生誕100年 松本竣介展

・会期:2012年11月23日〜2013年1月14日
・会場:世田谷美術館
・評者:古舘 遼

例えば、東京国立近代美術館のコレクション展(現「MOMATコレクション」)へ足を運ぶと、かなりの確率で松本竣介の作品と対面することができます。《Y市の橋》《建物》《裸婦》と名品揃いですが、それぞれの絵は印象が違っていて、同一の画家によるものとは、にわかに思えないほどです。

しかし、そうした一種の違和感は、この大回顧展を観ることによって氷解します。絵画120点、素描120点、資料180点を、全館展示で惜しげなく公開する本展は、目まぐるしく作風を変えながら戦時期を駆け抜けた一人の画家の軌跡を、その生きた時代とともに追体験させてくれるのです。

多くの回顧展がそうであるように、大まかには、時系列に沿って画業を振り返る構成となっていますが、都市や人物など、作品のテーマによって分類されており、竣介の多様な側面を、順を追って辿ることができます。展覧会として大変スケールが大きい一方で、時間さえかければストレスなく鑑賞できるのは、一つの魅力と言えるでしょう。

作品についても、一言述べたいと思います。
円熟期の作品をじっくり眺めると、つややかで滑らかな画面になっていることが分かります。もちろんそれは、仕上げに塗られたニスによるところも大きいでしょうが、竣介の作品は、絵の具を何層にも重ねていながら、荒々しく盛り上げることはせず、ナイフなどを用いて一層ずつ丹念に塗り込んでいるのです。そのため、画面空間は大胆でありながら繊細で、すっとする透明感をたたえ、作品を目の前にしても、描かれたモチーフがそこに無いかのごとく、夢のような感覚を与えるように思われます。この感覚は、残念ながらカタログからは得ることはできません。

既に述べたように、竣介は一つのスタイルに甘んじることなく、赤茶を基調とした重厚な絵画を確立する途上で病に倒れるまで、頻繁に作風を変えてゆきました。そして、そのどれもが高い完成度を勝ち得ているのです。こうしたあり方は、同じく早世した、「道化師と蝶の画家」三岸好太郎にも通じるところがあるでしょう。

規模と内容の双方から見て本展は、日本近代美術を扱ったものとして、今年の展覧会において五指に入ることは疑いありません。カタログの厚みからも、その充実を感じ取ることができます。そのカタログは、論考・エッセイを8編収録しているほか、竣介の書簡や蔵書目録まで載っており、研究の基礎文献としての役割も十分に果たすものです。

また、これからどんどん冷えゆく季節、そして、世田谷美術館の建っている砧公園の雰囲気と、松本竣介の絵画はマッチしているように思われます。それは、竣介の絵画に、常にどことなく寂しさと清々しさが同居しているためでしょう。その詩情あふれる作品世界に、多くの人が共感し、寄り添われているような感覚を得るはずです。

About 2012年11月

2012年11月にブログ「掲示板」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。