東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[おすすめ]着物に咲いたモダニズム--バラが彩る明治・大正・昭和--

・会期:2012年4月5日〜4月24日
・会場:ミキモト本店6階・ミキモトホール
・評者:伊藤 由紀

永本ツカサ氏のアンティーク着物のコレクションから、バラを描いたものばかり約100点を展示しています。ブレイクの詩を引用した羽裏や、ウエストミンスター寺院の柄の銘仙など、西洋的モチーフの取り入れ方がとても面白かったです。ただ、個別の出品物へのキャプションが一切ないため、年代や技法、モチーフの組み合わせなど、いろいろ疑問が残りました。

その後、永本氏ご本人が、今回の展示の企画段階から会期中の現在までの経緯をブログに書いておられるのを発見しました。キャプションをつけないと決めた理由も書かれてあって、ならば納得せざるを得ません。代わりに永本氏が毎日2回(14時〜/16時〜)会場を回りながら作品解説をしておられます。

企業の名前を前面に出した会場で、これだけ企画者の自由裁量で展示ができるとはちょっと思っていなかったので、ミキモトさんの懐の深さに感服しました。ただ、企画者本人による作品解説が毎日行われること、そこまで含めての展示だということは、公式サイトに書いておいてほしかったです。

もう会期も残り2日ですが、足を運ばれる方はぜひ作品解説の時間に合わせてお出かけください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1408


コメント (1)

永本ツカサ:

永本です。
この度は『着物に咲いたモダニズム』展を取り上げていただきありがとうございました。
学生課に伺いました時にたまたまいらした文学部の先生が本展の案内を引き受けてくださいました。
会場で解説をお聞き下さった方でないとお判りいただけないことで、おっしゃるとおり解説があって初めて今回の意図が伝わります。
只,ミキモトさんも着物が並ぶだけと思われていたと思います。
こうしたことを文字や言葉でお伝えするのは難しいですね。
自分のテンションが落ちないように、解説が機械的にならないように,原稿を作らずその場で話をさせていただきました。
コンパクトにと思いながら全体の流れを押さえて話をしていますといつも1時間程になってしまいました。
お付き合い下さいました方には申し訳ありませんでした。
でも,割愛したものや万葉集や古事記から正岡子規,森鴎外,宮沢賢治の作品に登場する薔薇のことなども話したかったところです。
稲垣足穂について話せたのがせめてもの慰めですが、これすら時間の都合で飛ばすこともありました。残念。
着物を通して時代や文化を観る試み,これからも続けてゆくつもりです。
次のテーマもありますし,前回の『モダン着物ニ観ル風俗史』もご覧いただけるものにしたいと思っています。
また、海外での展示も目指しています。
只,これまで1人で展開してきましたがこれから先は1人の仕事では到底無理です。
様々な方のご支援と助力が必要です。
これからもよろしくお願い致します。

コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。