東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[おすすめ]「世紀末、美のかたち」展

・会期:平成23年9月17日(土)〜11月23日(水祝)
・会場:府中市美術館
・評者:伊藤 由紀

ミュシャのポスター、ラリックやガレのガラス工芸、ルドンやゴーギャンの絵画など全80点を、「自然とかたち」「文字を刻む」「異形の美」「光と闇」の4つのテーマで編成した展示です。

一部の濃色のガラス作品では、背面に細い鏡を置いて光源としており、これが劇的な効果をあげていました。斜めの位置からでは作品はほとんど不透明に見えるのですが、真正面に立ったときだけ、背面からの光が透けて、鮮やかな彩色や細部の意匠があらわになります。

これを体験した後では、カタログの写真にどうしても物足りなさを感じてしまいます。ぜひ会場でお楽しみください。駅からの道のりも街路樹が色づいて綺麗でした。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1395


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。