東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[寸評]ゴーギャン展

・会期:2009年7月3日〜2009年9月23日
・会場:東京国立近代美術館
・評者:佐々木 悠介

先週はちょっと近美の図書室に通っていたのですが、ゴーギャン展の初日に行ってきました(7月3日金曜日)。
思ったよりも(そして美術館側の想定よりも)空いていて、入り口もロープが張り巡らされていましたが、誰も並んでいませんでした。

今回の展覧会の目玉は、晩年の大作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」(ボストン美術館蔵)が来ていることだと思いますが、個人的には『ノアノア』の連作版画をたくさん見られたのも収穫でした。同じ版画の複数の摺りを見比べることができて(ルイ・ロワ版、ポーラ版、自摺り)、かなり長時間粘ってしまいました。
しかし今回の展覧会の全53作品中、24作品を占めているにもかかわらず、縦に二枚ずつ並べて展示されているなど、展示する側の意識として、絵画より版画が軽視されている感は否めません。
これはやはり横に一枚ずつ並べて展示して欲しかったし、そうあるべきだと強く思いました。縦に二枚並んでいると、下の方は目線よりかなり低い位置になりますので、その場でかがんだりしてじっくり観るのはなかなか難しい部分もあります(他のお客さんもいるので)。

まだ会期が始まったばかりですので、皆さんもどうぞいらしてみてください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1310


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。