東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[寸評]ソール・ライター展

・会期:2008年1月17日〜4月13日
・会場:カルティエ=ブレッソン財団(パリ)
・評者:佐々木 悠介

連休中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
3月にSaul Leiterというアメリカの写真家(1923年生まれ)のフランスでは初めての個展を、カルティエ=ブレッソン財団で見てきました。最初に彼の写真を見たのは今年に入ってからで、Photo Pocheのシリーズから出たばかりの小さな写真集でしたが、それ以来すっかり夢中です。基本的に街頭写真を撮っているのですが、非常に物静かで瞑想的な、それでいて時々ユーモラスな写真家の視線が感じられるだけでなく、特にカラー写真は、色彩の配置で構図が見事に決まっています。展覧会場から出て来ると、平凡な街の光景(色彩)が急に新鮮に見えてしまうような、そういう力を持った写真です。今回出品されたカラー図版はいずれもチバクローム(イルフォクローム)プリントですが、ほとんどがニューヨークのハワード・グリーンバーグ画廊が所蔵するもので、プリントの質も極めて高いものです。

カタログの取り寄せに時間がかかってしまい、ここに投稿するのも遅くなりました。が、結果から言うとカタログ自体はまさに「図録」で、あとは主催者の紹介文と、簡単な経歴と、本人のインタビューが載っているだけです。カルティエ=ブレッソン財団のカタログをずっと出しているドイツのSteidlから出ていますが、さすがにイルフォクロームプリントの現物のインパクトはありません。英語版とフランス語版がアマゾン等で出ているようですが、それは値段もそこそこしますので、写真に興味がある方は手軽なPhoto Pocheシリーズの写真集を入手してご覧になることをおすすめします。

ライターはこれまでほとんど注目されてこなかった写真家ですが、いずれちゃんと勉強するつもりです。

では引き続きGWをお楽しみ下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1298


コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。