東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[寸評]「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」展

・会期:2006年10月14日~2007年1月8日
・会場:森美術館
・評者:中井 真木

http://www.mori.art.museum/contents/billviola/index.html

展覧会・カタログ評院生委員会・有志見学会の第二弾として、12月8日に訪れました。
参加者は、案を出してくださった小泉さん、手島さん、中井の3名と少なめでしたが、楽しく有意義な見学会になりました。


私個人としては、ヴィデオ・アートの個展自体がとても新鮮な経験でした。

作品の中で特に刺激を受けたのは、西洋絵画の伝統を直接踏まえた、「ドロローサ」や「グリーティング」などの作品です。これらの作品は画面も絵画のように額装され、絵画の展覧会のように展示されているのですが、画面の中の人物は超スロー再生によってゆっくりと動いています。特に「ドロローサ」や「アニマ」などの作品は、無音なので、いっそう絵画的です。瞬間を切り取る芸術である絵画に時間が持ち込まれることで生じる不思議な矛盾に強く引き込まれました。


全体として、作品のアイディアも多様で最後まで楽しめましたが、ヴィデオ・サウンド・インスタレーションと、美術館での展覧会との相性については考えさせられました。

一つは、多くの作品が最初から最後まで鑑賞するには長い時間を要するため、とてもすべては見切れないということがあります。その結果、ある作品の前に立ったときに、その作品のどの部分を見るのかは、偶然に支配され、一般の展覧会よりはるかに明示的に、鑑賞行為が鑑賞内容を規定してしまいます。

また隣の作品の音や光が漏れてくる中で鑑賞を強いられることで、作品にあまり集中できない場面があったことは、私としては残念に感じました。


もう一つ残念だったのは、展覧会のタイトルになっている「はつゆめ」という作品は、3回の特別上映のみで、それ以外に「はつゆめ」を感じさせる場面が会場にはなかったことでした。


なお、カタログは、英語版・日本語版が売られ、日本語版はISBNのついた図書の形態で淡交社から出版されています。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1216


コメント (2)

手島崇裕:

森美術館での展覧会は終わりましたが、同展は1月23日から兵庫県立美術館に巡回・開催されるようですね(3月21日まで)。
同館のホームページをのぞいたところ、展覧会の鑑賞には時間を要するので云々と書かれてありました。親切です。
なお、同館では「はつゆめ」も毎日数回上映されるようです。日本文化への想いを土台とする作品ということ、機会があれば見てみたいと思っています。

信岡朝子:

私は12月の見学会には参加できませんでしたが、その後、個別に見てまいりました。

実はヴィデオ・アートは初体験だったのですが、動作が加わることで、画面のメッセージ性が大きく増幅する様が、とても興味深く感じられました。中井さんのおっしゃるように、すべて見終わることはほとんど不可能というか、肉眼では認識できない微細な画像の変化を提示し続けるものもあり、どこまで見続けるかという線引きも含めて、鑑賞者の創造性が問われているのかもしれないなとなんとなく思いました。

これをきっかけに、他のヴィデオ・アート作家の作品も色々と見てみたいと思います。これからもこういう会を企画してください。

コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。