東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
掲示板

会員図書 研究動向 近刊書紹介・書評 推薦図書 研究会のお知らせ
展覧会・カタログ評院生委員会
活動主旨 構成 活動記録 展覧会カタログ評 展覧会寸評 CatalTo

[寸評]Le Scrapbook d'Henri Cartier-Bresson

・会期:2006年9月21日-12月23日
・会場:パリ、アンリ・カルティエ=ブレッソン財団
・評者:佐々木 悠介

 ご無沙汰しております。皆様お元気でしょうか。
 偶然ブリュッセルの本屋で、パリのカルティエ=ブレッソン財団で行われている展覧会のカタログを見つけ、なんとか最終日の二十三日に行ってきました。財団の建物で行われている展示会ですので規模は大きくありませんが、この展覧会の趣旨は、カルティエ=ブレッソンのスクラップブックに貼られていた写真を展示するということです。マグナム・フォトの写真家は、マグナムが厳重にネガやコンタクトシートを管理しており、文学研究で言うところの「ジェネティック」スタディーズの可能性はほとんどありませんでした。C−Bの場合も、『CONTACTS.』というDVDでごく数枚の写真のコンタクトシートを見られるだけでした。今回の展示で、限られた量でもスクラップブック段階の写真が公開されるとなれば、どうしても興味をそそられます。
 彼の写真にはすでに有名になってあちこちで目にするものが何枚もありますが、そうした写真の前後に撮られた、いわゆる「ボツ」写真も展示されていることで、後年の展覧会の際に彼自身がどのような目で写真を選んでいったのかを窺い知ることが出来ます。スクラップブックの写真ですから、いわゆるサービス版サイズの小さなものであり、また彼自身が焼き付けしたものがほとんどでしたが、一つの驚きは、その状態で見ると写真としての完成度が驚くほど低く見えることでした。たとえばジョリオ=キュリー夫妻の写真なども全体的に陰がかかって黒ずんで見えます。多くの写真家にとって写真の重要な要素となる光の加減といったものは、彼にとってはそれほど重要ではなかったということを改めて実感します。
 しかし何と言っても最大の収穫は有名な「パリ、サン=ラザール駅前」の写真に、直筆のトリミング指示が書き込まれていたことです(!)。カルティエ=ブレッソンはトリミングをしない写真家として知られ、それが神話にもなってきましたが、図版につけられた説明によると「これはC−Bが最初のプリントでトリミングを行った二枚のうちの片方(もう一つはピエール・コルのポートレイト)で、直筆のトリミングの痕跡が残っている唯一の図版だ」ということでした。大阪芸術大のコレクションの展示(あのコレクションはピエール・ガスマンのプリントだったと思います)の頃に、今橋先生が「サン=ラザール駅」だけ黒い縁(ネガの内枠)が入っていないから、あれは怪しいんじゃないか」とおっしゃっていましたが、それを思い出して、思わず唸ってしまいました。
 財団が今後も研究者の視点を考慮した資料の公開を進めていけば、面白いことになりそうです。ところで、当日は残念ながら現金の持ち合わせがなくてカタログが買えませんでしたが、近日中に書店で手に入れる予定です。日本の皆様はAmazon.frで買えます。ではどうぞ良いお年を。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.todai-hikaku.org/mt/mt-tb.cgi/1211


コメント (2)

今橋映子:

佐々木さん、早速の貴重な情報ありがとうございます。
カタログの方はファクシミリ版なのですね。イギリスのアマゾンでしか現在買えない模様・・いいお値段ですが・・
これから可能な限りC-Bの様々な側面がこうして明らかにされることを、心から望む一人です。
ちなみに、パリの国立図書館では、la photographie humanisteの展覧会中とか(三浦先生情報)。「雑誌と写真」との関係がようやく「まともに」展覧会で扱われるようになってきました。またパリに行かれるようなら覗いてみてください。(今橋映子)

林 久美子:

佐々木さん、お久しぶりです。
早速に興味深い情報をお寄せ下さり、ありがとうございます。
「カルティエ=ブレッソンのスクラップブックに貼られていた写真の展示」ということで、写真は全く専門外の私でも、とても興味をそそられました。有名な作品の前後の写真や、彼自身の焼付けを見られる、本当に貴重な機会だったのだろうと思います。
以前、授業でカルティエ=ブレッソンはあまり焼付けが上手ではなく、完成作はほとんどピエール・ガスマンがプリントしていたと聞きましたが、その通りなのですね。
今回、佐々木さんもトリミングに関する発見をされたということですし、今後、このような資料がより一層公開されることを期待したいです。また、日本でも見られるような日が来ると嬉しいですね。

コメントを投稿

投稿されたコメントは、当ブログ管理者が承認手続きを行なうまで表示されません。
「メールアドレス」「URL」ともに、入力は任意です。
入力された「メールアドレス」はブログには公開されず、必要がある場合のみ、管理者から連絡させていただくことがあります。
「URL」欄には、投稿者ご自身のブログなど、紹介したいアドレスがある方のみご記入ください。


画像の中に見える文字を入力してください。