メイン | 2006年7月 »

2005年7月 アーカイブ

2005年7月31日

2004年度(2004年10月-2005年7月)

・メンバー
信岡朝子(委員長)、永井久美子(副委員長)、林三博(副委員長)、中井真木、宮坂奈由、
近藤貴盛、潘郁紅、立花拓、神林尚子、坂田亜希子(今橋研究室アシスタント)※オブザーバー参加

・活動記録
<2004年後期>
2004年10月28日(木)
第1回ミーティング
1)各係、役職、任期、今後の活動内容の決定
2)第2回ミーティングの日程を設定

2004年11月25日(木)
第2回ミーティング
『比較文学研究』第86号に推薦するカタログ評の展覧会/評者候補の確定
1.「HANGA 東西交流の波」展
(東京芸術大学大学美術館、2004年11月13日~2005年1月16日)
2.「西洋が伝えた日本/日本が伝えた西洋」展
(印刷博物館、2004年9月11日~12月12日)
3.「フルクサス」展
(うらわ美術館、2004年11月20日~2005年2月20日)

2004年11月~12月
院生の専攻に関するアンケート実施、データ取りまとめ

2004年12月中旬
第86号に推薦するカタログ&展覧会、ならびに評者の最終決定
「フルクサス」展(うらわ美術館):小林将輝氏

2005年2月18日(金)
編集委員会より小林氏に正式依頼書類を送付

<2005年前期>
2005年4月8日(金)
代々木でのオリエンテーションにて、展覧会カタログ評院生委員会の活動紹介ならびに新委員募集

2005年4月22日(金)
第1回ミーティング
1)第87号の展覧会&評者候補の選出
2)展覧会&美術館情報の収集手順
3)簡単なマニュアル作成の段取り
4)新委員候補の選出と引継ぎ日程の決定

2005年4月~5月中旬
2005年度全国展覧会開催予定表の作成(全員分担)

2005年5月6日(金)
第2回ミーティング
1)展覧会一覧の調査・作成経過報告
2)作成中の展覧会一覧を参考に、候補展覧会を選出

2005年5月19日(木)
第87号のカタログ&展覧会評の候補展ならびに
評者候補の選定に関するアンケートメールを全委員に送付

2005年5月24日(火)
第87号の展覧会評に関するアンケートの集計結果をメールにて報告
*展覧会候補+評者候補選定
1.「アジアのキュビズム―境界なき対話」展
(東京国立近代美術館(本館)、2005年8月9日~10月2日)
2.「アジアの潜在力―海と島が育んだ美術」展
(愛知県美術館、2005年5月24日~7月10日)
3.「ロシア民族学博物館アイヌ資料―ロシアが見た島国の人びと―」展
(川崎市市民ミュージアム、2005年7月2日~8月28日)
4.「東アジア中世街道―海商・港・沈没船―」展
(国立歴史民族博物館 2005年3月23日~5月22日
大阪歴史博物館、2005年7月6日~9月5日
山口県立萩美術館・浦上記念館、9月17日~11月27日)
5.「アール・デコ―きらめくモダンの夢―」展
(東京都美術館、2005年4月16日~6月26日)
6.「庭園植物記」展(東京都庭園美術館、2005年9月3日~11月6日)
7.「ジェームズ・アンソール―ベルギーが生んだ異端の芸術家」展
(東京都庭園美術館、2005年4月23日~6月12日)
8.「浦和アトリエ村―画家と郊外」展(うらわ美術館)
(うらわ美術館、2005年7月16日~10月10日)
9.「ウナセラ・ディ・トーキョー ANOHIANOTOKIO-残像の東京物語1935-1992」展
(世田谷美術館、2005年4月23日~5月29日)
10.「ブラッサイ―ポンピドゥーセンターコレクション」展
(東京都写真美術館(2階)、2005年8月6日~9月25日)

2005年5月~6月
上位候補展から各院生評者候補に打診

2005年7月25日(月)
美術博物館所蔵ポスター(1000枚)選別作業
新旧委員引継ぎ作業
懇親会

2005年8月22日(月)
第87号に推薦する展覧会&カタログ、ならびに評者の決定
「アジアのキュビズム―境界なき対話」展(東京国立近代美術館):前島志保氏

About 2005年7月

2005年7月にブログ「掲示板」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

次のアーカイブは2006年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。