東大比較文学會
学会案内 活動 記録資料 研究書誌 掲示板 リンク
活動

総会 講演会・シンポジウム 比較文学研究合評会 比較文学研究 その他

駒場博物館展覧会「美術展を本の世界で」

駒場博物館において現在、東京大学駒場博物館・東大比較文學會企画展「美術展を本の世界で―駒場博物館カタログ資料室と学術活動―」が開かれております。

これは、雑誌『比較文学研究』に毎号掲載されております展覧会カタログ評の歴史が蓄積されたこと、カタログ評者を御願いするための企画展開催データ収集などを行っている院生委員会の活動も十年に及んだこと、昨年から始まったCatal-To(優秀カタログの表彰)の企画の記念などを含め、学術教育活動と展覧会カタログの関係に焦点を当てるものです。

東京大学駒場博物館・東大比較文學會企画展「美術展を本の世界で―駒場博物館カタログ資料室と学術活動―
会場:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室北側
会期:2018年4月2日(月)~4月27日(金)
開館時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで)
休館日:土曜・日曜・祝日
入場料:無料
主催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館

ちらしのPDFはこちらからダウンロードできます()。

会場の風景をいくつか写真でご紹介します。

kikakuten1804_3.JPG
美術博物館入口。

kikakuten1804_26.JPG
会場では、過去の展覧会・カタログ評の対象になったカタログなどをお手にとってご覧いただけます。

kikakuten1804_18.JPG
『比較文學研究』バックナンバー一覧も。